そのまま食べても美味しいローカカオです。カカオポリフェノールで美肌効果、セロトニンで幸せな気持ちに。

 

ハマる美味しさの秘密 – カカオの品種 – 自然農法 – チョコレート感覚で食べることができる!!

 

ウキキチョコレートのローカカオは在来種です

 

自然な育種をしていくうちに、その地域の気候・風土に合わせて適応していった作物のことです。※大量生産、大量消費のF1種とは違い、伝統作物ですので食べると違いにびっくりします。

 

在来種であるクリオロ種は今、現在世界で3%しか存在していないとまでいわれています。

 

クリオロ種は最高級カカオと言われており食べるとその「味」「濃厚」「エネルギー」が詰まったことに驚くでしょう。

 

ウキキチョコレートのローカカオは自然栽培で育てています。

 

  契約農家はジャングルの中でオーガニックでカカオを育てています

 

 ジャングルの中で無数に生える草を刈る作業も、そこのジャンクルに昔から住むジャングル民族の人々が草刈りをしてくれています。草刈りは途方もない作業です、ジャングルの山一面を何回も刈るわけですから大変です。

 

 ですので農業薬品を使わずに自然栽培(オーガニック)で安心して、そして美味しいローカカオを食べていただくことができます。

 

チョコレートみたいに食べることができるローカカオです

 

ウキキチョコレートのローカカオは太陽光のみで天日干ししたローカカオ豆を砕き、チョコレート専用の機械で長い時間練りこみます。

 

ローカカオ豆の中のカカオオイル(カカオバター)と完全に混ざり合うまで長い時間練らなければならないのです。
完全に混ざりこみ固めて小さな粒状にしてパックに詰めておりますのでそのままでも食べやすいです。(大きさはまちまちです、パウダーになっているものも入っていますがカカオバターは含まれています)
ローカカオは空気に触れると味が変わります。なので生産・加工してからすぐにパックに詰めてありますので作られてからすぐの品質と変わりなく食べていただけます。

 

ウキキチョコレートのローカカオは100%です

 

ローカカオ以外は入っておりません。100%で食べると苦いと思うでしょうが、そんなに苦味はありません(ウキキチョコレート店長である私は毎日食べておりますが苦いと感じたことはありません、味覚は人それぞれによりまちまちですのでご理解してください)

 

どちらかというと、クリーミーマイルドです。

 

ローカカオ100%でも美味しいそれが最高級クリオロ種なんですね。