チョコレートを食べると「幸せホルモン」が出るって本当?そもそも、幸せホルモン=セロトニンってなんのこと?

「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンとは?

 

チョコレートを食べると出る、幸せホルモンと呼ばれる成分はセロトニンでセロトニンを増やすと幸せな気持ちになれると言われています。しかし、セロトニンとは一体なんなのでしょうかそれを説明していきます。

 

セロトニンの謎

 

セロトニンとは神経伝達物質の1つで、腸内に90%、血液中に8%、脳内に2%存在しておりそのうちの脳内の2%が幸せホルモンの働きをしてくるそうです。

 

腸内に存在する割合が多いけど腸内のセロトニンは幸せホルモンとしての働きは無いそうで消化管のぜん動運動(消化管にあるもものを移動させる運動)を増すそうです。

 

脳内に存在するセロトニンの割合は少ないけど、脳内のセロトニンが神経伝達物質として働くので体にとってとっても重要な働きをしてくれるそうですよ。

 

人間が体にもつセロトニン

 

セロトニンが神経伝達物質として働くためには、セロトニン神経とセロトニン受容体が必要だそうで、セロトニンの神経は脳内神経の1つで左右の脳が交わる中心部にあるそうです。

 

セロトニン神経がセロトニンを分泌することで、脳内に情報を送っているそうなのです。セロトニン神経は基本、起きている時に働き、セロトニンの分泌を行なっています。

 

セロトニンの分泌量が多くなるとその分情報の伝達が脳に送られるのでセロトニン効果が強くなるそうなのです。

 

また、人間の体の中にはセロトニンを受け止めて様々な働きをするセロトニン受容体という器官があるそうで、体の内外から受け取った刺激を、情報に変換する働きをする受容体という器官があるのですがこれは伝達物質ごとに存在するそうで、セロトニンにもあります

 

セロトニンが神経伝達物質としてセロトニン受容体を刺激することで、様々な働きをもたらすということだそうです。

 

このセロトニン受容体は現在11種類確認されており、存在する場所によって働きが異なるそうです。

 

精神を安定させたり、脳の血管を収縮するもの、胃腸の働きを活発にするものなどセロトニンをどこで受け取るかで全く違う作用をするそうですね。

 

幸せホルモンの分泌場所はどこなの?

 

セロトニンは腸内でも分泌されますが、幸せホルモンとして働くものは脳で分泌されます。

 

脳の中で縦線核という脳幹の中央にあるそうで、脳全体に運ばれていくそうです。

 

セロトニンの効果

 

セロトニンが神経伝達物質であるとわかりましたが、それでは効果について見ていきましょう。

セロトニンが幸せホルモンと呼ばれるのはどうしてなのでしょう、効果を調べていきましょう。

 

アンチエイジング効果

 

セロトニンは「若返りホルモン」と呼ばれることもあるそうで、アンチエイジング効果をもたらす物質でもあるそうですね。

その効果として、セロトニンが高重力筋に働きかけるからなのですね。

高重力筋は姿勢を保つために重力に逆らい働く筋肉のことだそうです。

姿勢と聞くと体の筋肉を連想しがちですが、表情を作る頬やまぶたなどの顔の筋肉にも抗重力筋が働いています。

つまり、抗重力筋がしっかり働いていないと、頬やまぶたが下がり老けた表情に見えてしまうそうなのです。

セロトニンが抗重力筋に働きかけることで、姿勢だけでなくて表情も引き締まり、若々しく見えるアンチエイジング効果が期待できるそうですよ。

 

幸せな気持ちになる

 

セロトニンが幸せホルモンと呼ばれている理由は、幸せな気持ちになるときに働くためです。

セロトニンには精神を安定させる効果があり、神経伝達物質にはたくさんの種類がありますが、代表的なものとしてセロトニンの他に、ドーパミンやのるアドレナリンが挙げられます。

ドーパミンは、人間がある行動を取った時に分泌されることで心地よさもたらす「報酬系」と呼ばれる物質だそうです。

テストで良い点を取りたい、プレゼンを成功させて売り上げを上げたいときなどの目標を持つことで、ドーパミン神経が活性化され、目標が達成されると心地よさを実感することができます。

しかし、報酬系のデメリットとして依存症が見られることもあり、目標が達成されないことで次は絶対に達成するという意気込みのあまり、ドーパミンが暴走して達成感を得ようとするらしいのです。

ノルアドレナリンは交感神経の働きを強める働きをする物質です。

ストレスを感じたときにノルアドレナリンが分泌され、イライラや攻撃性なども同時に高めてしまいます。

それにより、パニック障害やうつ病などの精神疾患を引き起こしがちです。

ドーパミンやノルアドレナリンの暴走を食い止めて量をコントロールするのが、セロトニンの役割だそうですね。

ドーパミンもノルアドレナリンも、過剰に分泌されることで精神の不安定さを招いてしまいます。

セロトニンはこれらの暴走を抑えて、精神を安定化させる効果があるのです。

 

ストレスを感じにくくなる

 

セロトニンはドーパミンやノルアドレナリンの働きを調節することで、精神の安定をもたらします。精神が安定することで、ストレスを感じにくくさせます。

うまく感情をコントロールしてくれ、よりポジティプに感情を起こしてくれることが、セロトニンの良い働きの1つです。

ストレスを感じにくくなることで、うつ病や精神疾患になるのを防いだり、ストレスによってタバコやアルコール、ギャンブルなどに依存することを予防したりする効果があります。

 

体の不調を減らす

 

セロトニンには痛みを制御する働きがあるので、体の不調を減らすことができるそうです。

怪我をした直後はあまり痛みを感じない、痛いのを我慢しようと思ったら少し楽になった、などの経験はありませんか?

これは、下行疼痛抑制系(かこうせいとうつうよくせいけい)と呼ばれる働きによるものらしく、脳から信号を出して痛みを抑えているのです。

痛みを抑える時に出る神経伝達物質は、セロトニンとノルアドレナリンと言われています。

つまり。セロトニンを増やすことで、痛みを和らげることができるということです。

うつ病になると原因不明の体の痛みが出ることがありますが、セロトニンを増やすと精神安定とともに体の痛みが減る効果も期待できるそうですよ。

シェアしてね ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

ウキキチョコレートはこちらより販売中です。



そのまま食べたら甘くないけど美味しいよ!
美味しいローカカオ100%
チョコレート販売中!!

今日からあなたもローカカオを食べて幸せな気持ちになりませんか

カカオ豆は最高級”クリオロ種”でそのものが栄養素の高い品種です。

カカオバターも含まれているからそのままボウルに入れて湯煎してスイーツ作りの材料にも使えるよ!